事業理念


ひばり訪問看護ステーションの想い

技術と専門知識と人間性を兼ね備えたスタッフが、質の高いサービスを提供する訪問看護ステーションです。利用者様が自宅でも安心して暮らせるようにしっかりとサポートしていきます。また、利用者を取り囲む医療従事者と円滑な連携をとり、理想のモデルとなるステーションを目指していきます。

質の高いスタッフが質の高いサービスを行うためには、快適に働く事のできる職場環境が最も重要であると考え、スタッフに対するケアも充実させていきます。スタッフは互いを尊重し、風通しの良い環境で強いチームを作り上げ、最大限に自分の能力を活かして働く事ができる環境を創造していきます。業務の効率化も図り、モチベーションを高く保ち、誰もが楽しく働くことができるステーションを広げていきます。


我々の強み

ひばり訪問看護ステーションの経営母体でもある、株式会社ひばりのオーナー経営陣は、国家資格(作業療法士・理学療法士等)を持つプロフェッショナルでもあり、病院・施設・訪問看護等での臨床経験もあり、守備範囲も広く、難病支援・精神疾患への対応、リハビリテーションなどの多数の実績があります。また、介護コンサルティングをはじめ、医療機関のみならず経営支援を行ってまいりました。その意思を継いだ社員全体がプロ意識を持ち、責任を持ってスピーディーにサポートします。そして公平な立場でご利用者様と接します。安心してご利用いただけます。


人材育成

個人の職種のみでなく、専門性を理解した上で他職種の専門知識や技術の教育も行います。また、専門家としてでなく利用者の人生の一部に関わらせていただく一人の人間としての人間性を重視しており、きめ細やかなサービスの提供ができるよう接遇研修等も行います。そして、めまぐるしく変化していく地域医療に携わる中で、どこへいっても必要とされる人財となれるよう、訪問看護のみでなく他事業の制度や診療報酬、国の方針、事業運営への研鑽も行っていきます。


コーポレートアイデンティティー

社員を大事にするというモデルを構築し、地域の見本となる会社を目指します。風通しのよい社風・何でも相談できる職場、融通の効く職場で様々な働き方が出来ることを目指します。経営規模の拡大に伴い居宅介護支援事業所・託児所など併設していくことも計画中です。質の高いスタッフの育成によりブランディングをしていきます。また、PT・OTに加え、看護師もエビデンスのあるリハビリテーションを高次元で行うことも重要視しており、各研修にも力を入れていきます。


ページ上部へ戻る