記事の詳細


いつもご覧いただきありがとうございます。地域で活躍している事業所様、人物を紹介し、地域にお住まいの方々の皆さんで発展していけるようなつながりを作っていく『地域包括ケアフリーペーパー』

ヒバリのこころ 2月号

▲画像をタップすると記事が開きます▲

今月号では、

【取材】こだまのどら焼 代表 児玉 康様

【取材】LOIN JOUR Smile oasis宮城 青木シャナ様

【社労士コラム】KOMACHI労務事務所

【動物コラム】しっぽのきもち

【告知】東北カレー同盟主催 Sendai Curry Trip スタンプラリー

【まったり釣りコラム】ちょい投げからやってみよう

【整体院】ボディーコンディショニングルーム 縁

【ランニングコラム】ハシルヒト

【アロマコラム】アロマのこころ

【みんなの写真館】

といった内容になっています。

今月号のオススメ記事は、

【取材】こだまのどら焼 代表 児玉 康様

仙台在住の方なら皆さん知っている『こだまのどら焼』3代目の社長である児玉康様にインタビューさせていただきました。こだまのどら焼がどのような経緯で作られて現在のような人気のお菓子になっていったのか。おすすめ商品や代表が考える今後の展望なども聴かせていただきました。児玉社長のお言葉の中でも『私たちは”地域の縁側”であり続ける』という言葉がとても印象的でした。是非ご覧ください。

 

【取材】LOIN JOUR Smile oasis宮城 青木シャナ様

青木シャナ様は発達障害のお子さんを持つお母さんで、現在はLOINJOUR、smileoasis宮城を立ち上げて、同じように発達障害の子を持つお父さん、お母さんの子育ての相談にのったり、セミナーを開催するなど、様々な活動をしている方です。インスタグラムではフォロワー数2400人をこえていて、発達障害のお子さんとの日常を明るく、楽しくアップしていて、とても人気になっています。インスタグラムのQRコードも掲載しておりますので、そちらも是非ご覧ください。

 

その他のコラムも職員や関係事業所様が書いてくださっていますのでお楽しみに!


関連記事

ページ上部へ戻る