記事の詳細


医療、介護、障害福祉の現場で働く方々の中で、

「最近、医療的ケア児支援法って聞くけどなに?」

と疑問に思っている方いらっしゃいませんか?

そんな方のために簡単に紹介していきたいと思います。

現在、弊社のスタッフが

『医療的ケア児等コーディネーター養成研修』

を受講しておりますので、

復習も兼ねて解説していきます!

今回は、

○医療的ケア児とは?

についてです。

 

○医療的ケア児とは?

医療的ケア児」とは、日常生活の中で

医療的ケアを行いながら暮らす

子どもたちのことです。

医療的ケア」とは、人工呼吸器を使っていたり、

呼吸ができるように喉に器具を取り付ける

気管切開をしていたり、

胃にチューブを通し食事をする経管栄養

などの医療的な処置を行っていることを言います。

医療的ケア児は年々増え続けています。

しかし、生まれる子どもの人数は減っているため、

生まれてくる子どものうち医療的ケア児の割合

が増えているということになります。

これは、医療技術の進歩で

今までは助からなかった赤ちゃんを

救うことができるようになった

という一面もあります。

出典:「医療的ケア児及びその家族に対する支援に関する法律」より

厚生労働省社会・援護局 傷害保険福祉部障害福祉課 障害児・発達障害者支援室作成(R3.6.21)

今後も増えてくることが予想される

医療的ケア児」ですが、

私たち訪問看護の関わり合いが、

とても大切になってきます。

引き続き解説していきますので、またご覧ください。


関連記事

ページ上部へ戻る