記事の詳細


今回は訪問看護に興味を持たれている方が『知りたいこと』をご紹介します!
訪問看護の経験がない方は、「訪問看護師の1日はどうなっているの?」と気になっている方が多いのではないでしょうか。


そんな方のために、リハナの訪問看護師さんの1日の流れをご紹介します。

【8:45〜】

業務開始!
スタッフによっては事務所駐車場で社用車に乗り換える方もいます。
基本的には直行直帰も認めているので、自宅からご利用者様宅へ伺うこともできますよ。
基本的に希望者には、社用車を貸し出しできる準備を整えています。

【8:45〜9:00】

毎朝オンラインでミーティングを行なっています。
事務所で皆さんに会える訳ではないので、情報共有がとても重要です。リハナではICTを積極的に導入していますので、MCSという医療コミュニケーションアプリとZOOMなどを使用したオンラインミーティングで情報共有することが多いです。

【9:00〜12:00】

ご自宅、施設などに訪問しご利用者様の状態観察、必要な処置を行います。
全職員にiPad、社用携帯を貸し出しており、iPadでカルテを記入します。
1人現場が多いので、何か問題が起きたら、管理者へ連絡・相談が大切です!

【12:00〜13:00】

お昼休み。ご利用者様によってはお昼の時間帯に関わる方もいらっしゃるので、その場合は時間をずらしてお休みを取ります。

【13:00〜17:45】

ご利用者宅訪問。空き時間を使って、車内で書類の記入や管理。
ケアマネージャーや相談員の方と電話で情報共有もします。
必要時は主治医へ連絡も行います。

社用車を事務所駐車場に戻し、終業となります。
こちらも直帰が可能ですので、ご利用者宅から直接自宅へ帰る職員も多いです。

リハナでは、看護師さんは1日5〜6件ほど訪問しています。
緊急で対応しなければいけないこともあるため、少し余裕をもって勤務していますよ。
夜勤はないのですが、24時間365日オンコール体制をとっているので、当番制で対応しています。
訪問看護師の働き方について、病院や施設に勤務していた方は、なかなかイメージがつかないと思います。

ぜひ参考にしてみてください!

今回は、リハナの訪問看護師さんの1日の流れでした。


関連記事

ページ上部へ戻る